HTML-Lintを使ってコードのチェック

HTML-Lintを使いますとご自分のHTMLのソースコードがチェックできます。
【参考サイト】
Another HTML Lint – Gateway

HTML-Lintの使い方

大きく3種類の使い方があります。(添付画像参照

  1. URLを指定してチェックする
  2. ファイルのままを添付してチェックする
  3. ソースコードを直接貼り付けてチェックする
【html_Lint.gif】

ソースコードを張り付けてチェックする

上記3種類の中で「3.」のソースコードを直接貼り付ける方法を説明します。(添付画像参照

  • ページ右上の「DATA」をクリックします
  • 入力ボックスの内容を一旦削除し、ご自分のソースコードを張り付けます
  • 「チェック」ボタンを押します。
【html_Lint.gif】

【オプション】
「HTMLヴァージョン」などはソースコードから自動認識しますので、自分で選択する必要はありません。
さらに様々なオプションがありますが、デフォルトのままで充分かと思います。